育休中に在宅で月3万円を手に入れるなら「ブログ」がおすすめ

育休中の子育てで大忙しのあなたへ。ズボラ主婦実践『家づくりの情報収集』効率よく行う方法とは?

こんにちは。2度目の育休取得中の母、いまりです。義家族との完全同居嫁、2児の子育て奮闘中。損するのが大嫌いな主婦。今日もお得情報を求めてリサーチを続けています(笑)

お家づくりを考え始めたみなさん、日々の情報収集、お疲れ様。情報が溢れている昨今、正しい情報を見つけて学ぶのってほんとに大変だよね。

全国の主婦の皆さん。毎日本当にお疲れ様です。家族の為、仕事や家事、育児をこなし、子どもが寝ているわずかな時間で、家づくりの情報収集をしているあなたは本当にすごい❣

もし、限りある時間で効率よく家づくりの情報収集をする方法があるとしたら知りたくありませんか。今日は効率よく家づくりの情報収集する方法をお伝えします。

家づくりにはいろいろな情報が必要となってくるわけですが、ネット上に溢れている情報を見ても、結局どこから始めたらいいのか、何を信じたら良いのか、も~わからないよと思っている人、結構多いと思います。

私もそうでした。

私も2児の子育てと家事で常にバタバタしていて、ゆっくり情報収集する時間なんてありませんでしたね。。。子どもたちの為にも早く家が欲しいと思っているのに、全然進まない状態は、正直つらいですよね。

理想の家づくりの方法を、プロが1から丁寧に手取り足取り教えてくれたなら、どんなにラクなことか。って思うでしょう。しかし全てを建築会社にゆだねるのは本当に危険です。

なぜなら、自分でも多少なり正しい知識を持っていないと、だまされていることにさえ、気付けないのだから。

こちらの記事もおすすめです👇

【育休ママに悲報】住宅ローン減税制度 改悪へ。暇を見つけて知識武装して、お得に家づくりをしよう。

情報収集中の寄り道をしない為に私が選んだ方法とは?

私の場合ですが、家に関する情報収集は、子どものお昼寝時間と夜の寝かしつけ後の時間を使って行っています。時間にすると2時間程度です。

最初はネットでの情報収集に励んでいましたが、間違った情報や偏った情報も多く、限られた時間に自分で取捨選択することは至難の業でした。

思い切ってネットから少し離れ、本から学ぶことに決め、一級建築士の夫に勧められた本を数冊読んでみることにしたんです。結果的に私はこれで家づくりの流れや注意点をおおよそ理解できるようになりました。

事前の知識がないまま、不動産業者やハウスメーカー、工務店に相談しても、相談した会社から激しく営業をかけられるだけで、理想の家づくりを丁寧に教えてはくれません。

「家を建てた後、後悔が残ってしまった」とならないよう、家づくりを始めたこのタイミングで、正しい知識をGETしましょう。

あくまでプロではないので、建築のイロハなんて全部覚える必要はなくて、失敗しない為のポイントが学べたらGOODです。この本を読むって決めたら、あとは隙間時間を見つけてどんどん読み進めたらいいんです。

やることが一つに絞られるので、とってもラクでしたよ~。家事育児で時間がない私ですが、効率よく家づくりのノウハウを学べました。ネットで学んでいるときは、情報収集中にSNSとかの通知が入るとついついそっちを見てしまい、そこからSNS寄り道をして、結局やりたかったことができなかった~なんてことが多かった私。

本なら誰にも邪魔されません。もし今あなたが、家づくりを始めようと考えていて、ぼんやりとネットで情報収集をしているのなら、思い切って、媒体を本に切り替えてみましょう。

SNS巡回が大好きな私は、ネットを離れて本を読むことで、効率よく学びを進められています。普段読書なんかしない私が本なんて読んでると家族から「どうした?」って心配されるのですがほんと失礼しちゃいます(笑)

お家づくり初心者にお勧めの書籍はコレ!

私が今まで家づくりに関する書籍を読んだ中で、これは読みやすい、タメになった、内容が難しくないし、中立的な立場で書かれている、などの観点を考慮して選定した本をみなさんに紹介します。

『新しい家づくりの教科書』

家づくりの最前線で活動している9人のエキスパートが、家づくりを始めるにあたって最初に知っておきたい知識や、エコハウス(高性能住宅)の手に入れ方を紹介している本です。注目すべきは、豪華な著者者の方々です。

日本のこれからの次世代ハウスともいえる、「エコハウス」をけん引する第一線の方々が執筆を担当。偏ることなく、中立的な内容となっている点もとても好印象です。

中身としては、文字だけでなくかわいいイラストや、やわらかいイメージの写真などがあるので、専門用語で読み進めるのが辛くなることなく、スイスイ読むことができました。

『住まいの解剖図鑑』

当たり前のように過ごしている家ですが、ひとつひとつ、全てに意味があるんだと改めて感じさせてくれた一冊です。読み進め、「確かに~!」の連続でした。 住宅展示場やモデルルームに行く前に、ぜひ読みたい一冊。見る目が養えます。 これさえ読んでいれば注文住宅を建てる際の全体像をつかむことが出来るようになります。

私は「上がり框(がまち)」って言葉をこの本で覚えました(笑)

住んでいる地域の工務店から資料を取り寄せてみて

今回の書籍に加えて、家づくりを失敗させない為にぜひやって欲しいのは、お住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せること。間違っても、情報集めよりも先にモデルハウスや住宅展示場に足を運んでしまうことのないように。

「とりあえず行ってみよう!」と気軽に参加した住宅展示場のイベントで、自分の理想に近い家を見つけ、そのまま営業マンの勢いに流されて契約まで進んでしまうという事例も少なくありません。

マイホームは人生の中でもっとも高い買い物であり、一生の付き合いになるわけですから、軽い気持ちで住宅メーカーを決めるのは絶対にやめましょう。

今回の記事のまとめ

お付き合い頂き、ありがとうございます。え?・・・2冊だけしか紹介してくれないの?って思った方、まずはこの2冊、貴重な時間にしっかり読んでみてください。そして全体の流れが理解出来たら、次のステップに進むことを強くお勧めします。

本屋さんでは取り扱っていないものもあるかもしれません。また子どもたちを連れて本屋さんへ行くのは子育て世代にとってかなりハードルが高く、私たちは犬猿しがち。お子さんがいる方や仕事が忙しい方は特に、ネットからの購入がよいでしょう。

たまには息抜きも必要です。勉強も大切だけど、たまには息抜きも必要ですよ。お金を掛けずに贅沢時間を過ごす方法はこちらです👇👇👇

以上、いまりでした~❣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA